コラム

札幌・北海道ハッテン場・発展場まとめ5選

アジアンテースト LAGOON【北海道札幌市・本格的岩盤浴ゲイサウナ・ハッテン場】

アジアンテースト LAGOONは、北海道札幌市にあるサウナです。岩盤浴室は2名サイズで、受付でもらったタオルを床に敷いて無理のない範囲で楽しみましょう。入会金が500円必要で、入浴料は2000円になります。会員専用ペア割は1500円になるので、事前に待ち合わせてして利用するとお得です。

サウナタイプのお店なので、一般的なハッテン場に比べると入場制限は厳しくありません。基本的に誰でも利用できますが、ハッテン用の専用スペースが設けられていうわけではありません。ちょっとした出会いや憩いの場にもおすすめです。

コンドームやローションなどは有料販売となっています。歯ブラシ、カミソリ、ボディソープなどのアメニティは無料です。ゲイサウナを利用したことがない人も使いやすいお店です。

SWEAT(スウェット)【道内最大級・札幌・スリム〜アスリートのハッテン場】

SWEATは地下鉄南北駅すすきの駅から歩いてすぐのところにあるハッテン場です。20代から30代のゲイが集まるスポットで、曜日ごとに短パンdayやアンダーウェアday、エロパンdayなどのイベントがあります。

髪の毛が長い人、女性的な人、40歳以上の人、デブは入場できないので注意してください。入場の判断については当日のスタッフが行います。過去に入店ができても、その日のスタッフの判断で入場できないこともあるので注意してください。

店内には個室のトレーニングルームが用意されています。ストレッチマット、エアロバイク、ベンチプレスなどの器具を使ってトレーニングすることも可能です。また無料のWi-fiも完備していて設備は充実しています。体に自信がある人、鍛えている人が好きな人におすすめのハッテン場です。

BIGGEST(ビゲスト)【札幌のGMPD専用ハッテン場・クルージングスポット】

BIGGESTは札幌市中央区にあるゲイのハッテン場です。2019年にオープンした新しいタイプのハッテン場になります。10代から50代が利用できるお店ですが、実際に利用している男性の年齢層は10代から30代がメインです。

太目限定のハッテン場で入場制限は「身長-体重=90以下」となります。ハッテン場の場所は公式に公開されていません。利用する場合は公式Twitterから問い合わせをして場所を教えてもらう形になります。オープンなハッテン場ではなく隠れ家的なスポットとして人気です。

割引サービスやイベントがあるので、あらかじめ確認しておきましょう。スタイルについても日によって異なるので注意してください。情報が少ないのでハッテン場の経験が少ない人向けではなく、中級者以上におすすめです。

BYCS(ビックス)【北海道・札幌・20代30代のクルージングスポット・ハッテン場】

BYCSは札幌にある初心者から中級者向けのハッテン場です。リバーシブルのタオルでタチやウケなどを判別するシステムを採用しています。ゴムやオイルなどもありますが、いずれも有料販売となります。事前に用意したものを使うこともできるので、買わない人は持参しておきましょう。

利用客は20代から40代が中心で、客層はオールジャンルになります。曜日や時間帯によって利用客の層が変わりますが、平日の昼間は地元の常連客ゲイが中心です。基本的に誰でもウエルカムスタンスのお店なので、初めてハッテン場を利用する人も利用しやすいです。

一般料金は2000円ですが、割引サービスが豊富にあるのでさらに安く利用できます。外出することも可能で2時間までなら無料です。ハッテン場で知り合った人とデートすることもできます。

werwolf(ワーウルフ)【北海道・札幌・ハッテン場・肉食系野郎の巣窟】

Werwolfは北海道にあるハッテン場です。客層は20代から40代で入店審査があります。身分証明書の提示が必要になることもあります。月曜から金曜の8時までは連続営業で、祝日は前日18時から翌朝8時までの営業になります。2016年にオープンしてから着実に客足は増えていて肉食系の巣窟になっています。

フリースタイルはアンダーウェアをはじめ、競パン・褌・手隠しなどお気に入りのスタイルで問題ありません。上半身は裸、下半身はひざより上の丈となります。コンドームやローションなどは無料配布で、シャワー・ロッカー・各種アメニティは無料です。

10回来店で1回入場無料のポイントカードを配布しています。平日や早朝割引などを利用すると500円offで入場ができるので割引サービスをお得に活用しましょう。