その他

駒沢オリンピック公園【東京・世田谷区・ゲイ・ハッテン公園】詳細・体験談・口コミ

駒沢オリンピック公園の詳細

駒沢オリンピック公園は、昭和39年にできた公園で東京オリンピック時にはレスリングやバレーボールの競技などが行われました。子どもからお年寄りまで楽しめる総合運動公園と公式サイトに記載されているように、さまざまな年齢層の人が利用しています。

最近はランニングで利用する人が急増していて、公式にも10時から15時のランニングは混雑するので他の時間帯を促しているほどです。

野球場、テニスコート、トレーニングルームなど、さまざまなスポーツ施設がありますが、幼児用の練習自転車やドッグランができる場所などもあります。

このように充実した施設の公園ですが、ネット上ではハッテン公園として紹介しているサイトも少なくありません。実際にハッテン公園として利用しているゲイもいますが、公共の場ということや一般の利用客が多いことからハッテン行為をする人は以前に比べて減っています。

住所 東京都世田谷区駒沢公園1-1
アクセス 駒沢大学駅(東急田園都市線)から徒歩7分 都立大学駅(東急東横線)から徒歩17分
営業時間
定休日
料金
公式サイト
SNS
電話番号

駒沢オリンピック公園の体験談

東京のハッテン公園として有名な駒沢オリンピック公園に行ってみました。

ちょうど1日を通して休みだったので、夕方から夜中にかけて公園でゆっくりすることに。夜の始め頃はスポーツする人でにぎわっていましたが、23時を過ぎたあたりから急に人が少なくなりました。

それと同時に相手を探しているであろうゲイの姿もちらほら見えるように。

ベンチに座って様子を見ていると、私の横にそっと座ってきました。「これから暇ですか?」と声をかけてもらったんですが、私のタイプではなかったので「これから帰るところです。」と伝えて公園を後にしました。

そのまま公園にいようと思ったんですが、声をかけてくれた人がしつこいこともあって長居は無用かなと思いました。

実際にゲイが出会いの場として利用していることは判明したんですが、トイレやベンチでハッテン行為をしているゲイカップルはいませんでした。マナーの関係から、待ち合わせや相手探しで駒沢オリンピック公園を利用している人が多い印象を受けました。

みんなの口コミ・レビュー投稿

口コミの登録はこちらからお願いします。有益な情報を交換できるように、できるだけ良いところを評価して下さい。

レビュー数 0
5
0%
4
0%
3
0%
2
0%
1
0%

うたたねゲイマッサージ全国ナビはこちら